レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感な肌に使う化粧品

鏡を見るウーマン

肌質

人はそれぞれ肌質が違います。化粧品を選ぶ時に自分の肌質を考えながら選びます。普通肌、敏感肌、オイル肌、乾燥肌など様々な肌質の方がいます。特に注意しなければならない肌が敏感肌です。敏感肌の方は化粧品の成分やその時の天気の状況などでも肌が荒れてしまうことがあります。湿度が高い時や紫外線の状況で肌の状態が変化します。また、アレルギーにも注意が必要です。ちょっとしたことで肌が荒れることもあります。化粧品などは添加物の入っていないオーガニックなどを使用する方が良いでしょう。髪の毛を洗うシャンプーやボディソープなどでも反応する方もいます。自分の肌がどの状態なのかパッチテストなどで調べることができます。皮膚の柔らかい場所で試してみましょう。

敏感に反応

敏感肌の方は、肌が敏感に反応してしまうので、赤く腫れたり、ブツブツができたり、蕁麻疹のような症状が出たり、かゆみや痛みを伴う方も多いです。商品の品質成分が記載されていますので確認して使用することをお勧めします。反応する成分を理解しておくと商品選びが楽になります。成分、紫外線、湿気などに注意をして過ごすと良いでしょう。肌が敏感に反応して症状がひどい時には皮膚科に行きましょう。また、肌をきれいに保つことも重要です。汗やほこりをよく拭き取り清潔に保つことも大事です。洋服の繊維にも注意して選びましょう。敏感肌の検査をすることもできますので常に敏感に反応する方は皮膚科の検査をお勧めします。自分の肌の状態を理解することが必要です。