レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

こだわりの利用法で改善を

化粧品

夏場はエアコンが大活躍ですが、肌への影響ははかり知れません。少しでも乾燥を感じたならば、化粧水で丁寧にケアすることが大事です。肌が赤みを帯びたりヒリヒリするのが、乾燥肌を実感する瞬間。しかし症状を体感できずとも、肌の奥で乾燥肌が進行している場合もあります。乾燥肌は、角質層のセラミドが減少することが原因で起こります。水分保持が低下すれば、肌の弾力が衰えます。肌の内部がスカスカになり、外部刺激が通りやすくなるのも問題です。紫外線、活性酸素が肌の内部に進行すれば、肌細胞が壊されてしまいます。シミやシワといった老化現象が起こる、角質細胞の増加によって化粧水の浸透率が低下、と肌トラブルが絶えないのです。なので化粧水でしっかり保湿すれば、乾燥肌の改善以上の美容効果が望めます。

乾燥肌改善が目的ならば、化粧水選びはセラミドの種類に注目しましょう。基本的にセラミドは配合されていますが、ヒト型ナノセラミドが特に効果的です。このセラミドはヒトの皮膚にもともと存在するので、浸透しやすく効果も発揮しやすいのです。また刺激が少ないので、化粧水にありがちな肌トラブルの2次災害を避けられます。とはいえ肌の性質は人それぞれ。新しい化粧水では必ずパッチテストを行いましょう。肌を労わりながら化粧水を使用することも大事です。強くこすり付けると肌が痛むので、とにかく優しくする必要があります。乾燥肌が進行しているならば、コットンを利用するといいでしょう。化粧水を広く薄くつけられるので、ムラなく付け過ぎずの絶妙な加減をつけられます。