女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

老化防止にビタミンC

コスメ

ビタミンCは肌の老化防止に欠かせない成分です。そんなビタミンCをスキンケア成分にしたのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体を使用した化粧水は、肌につけるとビタミンCに変化します。そして肌内部の保湿成分を高める働きをします。

Read

綺麗な肌は保てます

妊婦

一般的には、妊娠し出産をすると妊娠線のできてしまう人が多くいるようです。女性としては、たとえ見えない部分であってもいつまでも美しい肌でいたいと思うのが本音でしょう。しかし一度できた妊娠線はなかなか消えることがありません。ですが予防をしっかりしておけば、防ぐことは可能です。手間はかかりますが、綺麗でいる為には努力が必要なのは仕方ありません。是非、出産後も妊娠線のないなめらかな肌をキープし続けて自信を持って水着になり、海に出掛けたり川やプールなどに出掛け夏をとことん楽しみましょう。妊娠線の予防をしておけば、露出するファッションや水着を楽しむことができます。子どもを産んで母親になっても、お洒落ができるのは大きなメリットです。

妊娠線の予防にはクリームでのマッサージが効果的です。マッサージを施していた方は、ほとんど妊娠線ができないようです。コツとしてはクリームをたっぷりと塗ることが大切です。せっかく心を込めてマッサージをしていても、クリームの保湿成分が充分に行き渡らないと効果が少なくなってしまいます。また、お腹だけではなくお尻や太もも、二の腕も妊娠線ができやすい場所だと言われています。このような場所も念入りにマッサージしておくと安心です。そして予防の為に使うマッサージクリームは、なるべく人体に優しいものを使うことも忘れてはいけません。身体に悪い成分が入っているものを使うと、肌から吸収されてしまう可能性があるので気を付けましょう。

敏感な肌に使う化粧品

鏡を見るウーマン

敏感肌の方は多いです。化粧品の成分、紫外線、湿気、空気、食べ物や飲み物などで反応したり、ちょっと手が当たっただけで赤く腫れてしまうこともあります。肌が反応してブツブツや腫れの症状がひどい時には病院へ行きましょう。

Read

こだわりの利用法で改善を

化粧品

乾燥肌は、体感できずとも肌の奥で進行しているケースがあります。角質層のセラミドが減少すると、肌の弾力低下、外部刺激の増加を招きます。化粧水を選ぶならば、浸透しやすいヒト型ナノセラミドを選びましょう。また付ける時にはコットンを使い、肌を労わるとより効果が高まります。

Read